読みもの

表紙に戻る

スタッフコラム

30代、気になるからだのこと vol.13
2016.09.23

30代、気になるからだのこと vol.13

岩井愛(商品部チーフ)

岩井愛(商品部チーフ)

大学卒業後、ネイリストとして勤務。自身の体調不良を経て、化学物質を用いないネイルケアを提唱するサロンに転職。
その経験を生かし、現在「かぐれ」にてコスメティック部門の商品開発や販促、KAGURE holistic beautyシリーズの企画に携わっている。
URBAN RESEARCH カンパニーブログページにて、「コスメバイヤーブログ」を他ブランドバイヤーと共に執筆中。

http://www.ur-blog.jp/cosme/blog/

こんにちは、かぐれの岩井です。

突然ですがこの夏、私は「自分史上最高ショーツ」に出合ってしまいました。
元々からだを締め付けられるのが嫌いで、インナーも服もゆるゆるのものを好んで着ていました。でもそうすると、元から足りない女性らしさや色気がますます損なわれてしまう気がして、いつも理想のインナーを探し求めていたのです。

以前こちらのコラムで書いた、私の理想のインナーの条件。それは、デザインがすてきで、締め付けられるストレスがなく、着たときに形がきれいで、心地良い天然素材であること。
かぐれのシルクシリーズはそれを実現してくれたインナーの一つですが、今回ご紹介するのも、「まさにこれを求めていた!」というアイテムでした。

それが、「Souple Luz(スープレルース)」のWストラップショーツです。
Souple Luzは、天然繊維でつくられた大人の女性のためのインナーウエアブランド。Made in Japanにこだわり、日本で紡績・生地作り・縫製をしています。

Wストラップショーツ

かぐれ全店でリピーターのファンが多い大人気ブランドなのですが、 Souple Luzのアイテムを一度でも試したことがある方は、そのフィット感と抜群の肌触りにきっと驚かれたのではないかと思います。
たとえば、Souple Luzのスターアイテムである「ブラパットキャミソール」。脇はぎがなく、丸く編まれた生地を胴から胸の部分にまで使用することにより、その人のからだにきれいに沿い、全く締め付けないのにしっとりと肌にフィットします。

枯れ葉剤などの薬品がかかると、綿花の繊維がもつ空洞がつぶれ、繊維自体も固くなってしまうのだそう。Souple Luzでは、有機農法で育ち、実が自然にはじける完熟を待って収穫されたコットンを使用しているので、空気を含んでいるような温もりを感じられるのかもしれません。

Wストラップショーツを初めて見たときは、ストラップ部分が食い込んだりしないか心配でした。ところが試してみると、驚くほどソフトな履き心地なのです。
繊細なラインのデザインは女性のからだを美しく魅力的に見せてくれ、なおかつ鼠蹊部もどこも締め付けられずに心地よくフィット。クロッチ(股)部分も縫い代を減らし、あたりが少ない仕様です。

この形、このデザインで奇跡のような履き心地は、きっと、女性のからだの構造や履いたときのシルエット、身に着ける人の気持ち、すべてをとことん研究して作られたのだと思います。

今年の夏、東京ミッドタウン店で Souple LuzのPOP UP SHOPを開催しました。
感動モノのアイテムに出合って興奮気味の私は、連日「このショーツすごくいいですよ! 自分史上最高です!」とお客さまやスタッフにおすすめしまくっていました。
その後、「私も自分史上最高でした!」という声が続々と届き、今となっては、POP UP SHOP限定入荷だったWストラップショーツが、かぐれで定番のお取り扱いになるほどの人気アイテムに。
良いものは、からだが、心が、すぐにわかるものです。そして、それを誰かに伝えたくなって、こんな風に自然と広がっていくものなのですね。
年を重ねるたび「自分史上最高」が更新されていく。それがまた楽しいです。ぜひみなさんの「自分史上最高○○」も教えてくださいね。

Souple Luzのアイテムは、現在全店で品薄となっていますが、10月上旬以降に追加納品がある予定です。詳しくは店舗スタッフにお問い合わせください。


かぐれ