企画展

表紙に戻る

早川ユミの冷えをとる、あたたかな衣服たち展
– 丹田呼吸と地球のために、かさね着のおすすめ –
2016.11.11

161111_yumihayakawa_top

高知の山のてっぺんに暮らす、布作家の早川ユミさん。
冷えとりや丹田呼吸法を通してご自分の心身とじっくり向き合い、からだをあたため、大地と共に生きるための衣服を作り続けています。
この冬、畑もんぺやカシュクールワンピース、チベッタンワンピースやメオ族農民服など、早川さんの手から生まれる日々のはたらき着たちが、かぐれ表参道に並びます。
かぐれでは初めての展示です。ぜひご覧ください。

【詳細】
会期:2016年12月9日(金)〜12月18日(日)
会場:かぐれ 表参道店 accessmap

早川ユミ / 布作家

アジアの手紡ぎ、手織布、藍、黒檀の実、ラックなど草木染め、泥染めの布、山岳少数民族の布、柿渋で染めた布、リトアニア麻布でちくちく手縫いして衣服をつくり、あちらこちらで展覧会をひらいている。
夫である陶芸家・小野哲平の薪の窯たきを手伝ったり、種をまき、木を植える。アジアの布を探して、家族で旅する。


関連イベント
ちくちくワークショップ
「冷えとりと呼吸のためのからだレッスン」

ちくちくワークショップ「冷えとりと呼吸のためのからだレッスン」

呼吸レッスンや冷えとりのお話をしながら、ちくちく湯たんぽぶくろ(湯たんぽを入れないときは、靴下ぶくろなど、小物入れとしてつかえる巾着ぶくろ)を作ります。

日時:2016年12月9日(金)・10日(土) 13:00~15:00
参加費:¥3,800+税(要予約)
定員:各回8名

【お申し込み】
下記お申し込みフォームからお申し込みください。
> お申し込みフォームはこちら


かぐれ