読みもの

表紙に戻る

スタッフコラム

30代、気になるからだのこと vol.24
2017.09.26

30代、気になるからだのこと vol.24

岩井愛

岩井 愛

大学卒業後、ネイリストとして勤務。自身の体調不良を経て、有機溶剤を用いないネイルケアを提唱するサロンに転職。
その経験を生かし、現在「かぐれ」にてコスメティック部門の商品開発や販促に携わっている。
また、冷えや女性のからだにまつわるイベントなども多数企画・運営し、講師も務める。

こんにちは、かぐれの岩井です。
少しずつ秋の気配がしてきたこの頃。朝晩は冷える日もあり、油断していると風邪をひいてしまいそうです。
今日は、このコラムでは定番のテーマとなりつつある「心地よいインナー」について、2017年秋冬編としてお送りしたいと思います。

これまでも、私自身のインナーへのこだわりを何度か書いてきました。
2016年シルクインナー編
Souple Luzショーツ編

Souple Luzのショーツをご紹介した回で「自分史上最高です!」と思いの丈を書きましたが(おかげさまで、コラムを読んだ方が購入してくださることも多かったです)、今日は、もう一つの「自分史上最高」をご紹介します。しかも、この7年ほど「最高」の座に君臨し続けているアイテムです。
それは、かぐれオリジナルの「オーガニックコットン強撚レギンス」。
私がかぐれに入ったときからずっと愛用し続けているものです。この数年生産をお休みしていたのですが、今年リニューアルして復活しました。

オーガニックコットン強撚レギンス

その最大の特長は生地にあります。農薬を使用していないオーガニックコットンは、肌触りが普通のコットンとは明らかに異なります。Souple Luzの回でも書きましたが、農薬がかかると、綿花の繊維がもつ空洞がつぶれ、繊維自体が硬くなってしまいます。その点オーガニックコットンは、空気を含んでいるようなふっくらとした温もりと柔らかさを感じられるのです。
そのオーガニックコットンの繊維に、撚りを加えることで強度を増し、吸湿性や速乾性をアップしたのがこの生地。しっかりした厚めの生地ですが、季節を問わずさらりと心地よく履くことができます。

天然素材のレギンスは、強度や型くずれが気になるという方もいらっしゃるかと思います。その点このレギンスは、強撚の生地のため型くずれしにくく、膝も出にくいです。
実際私も、何年も前に購入したものを履き続けていますが、今でもきれいな形でフィット感もほとんど変わっていません。締めつけることなく、お腹周りから足首までしっとりと程よく包まれ、安心感があります。

オーガニックコットン強撚レギンス

裾部分の仕上げもとてもきれいで、切りっぱなしのようなデザインになっており、ワンピースやチュニックの下に見せて履くのにピッタリです。

余談ですが、このレギンスについて今でもよく覚えているお話を一つ。
数年前、私がこのレギンスを履いて街にいたとき、あるスタッフがたまたま後ろを歩いていました。私と気付かず、「前の人が履いているレギンスいいなぁ、裾の部分もすっきりしていてきれいだし……どこで買ったか聞いてみようかしら」と思い、よくよく見たら私だったそうです。街で見かけて声をかけたくなるレギンスなんて、あまりないかもしれません。
みなさん、こだわりがないようで実はあるのがレギンス。「これ!」というものに出合えている人は少ないのではないでしょうか。

そして先週より、かぐれシルクインナーシリーズ2017年秋冬バージョンの販売も始まっています。今回は、企画スタッフが「過去最高の出来」と太鼓判を押すほどの自信作。
かぐれでシルクインナーの販売を始めて7年ほどでしょうか。毎シーズン生産に入る前は、お客さまやスタッフの声を取り入れて改善してきました。
販売当初から企画とデザインを担当してきたスタッフは、今回のサンプルに袖を通して「一番良い編み生地ができた」と思ったそうです。着たときの心地よさや、着続けたときの伸縮。毎日身に着けるものだからこそ、「最高」を更新し続けたい。そんな思いが詰まったインナーです。

かぐれシルクインナーシリーズ2017年秋冬バージョン

実は強撚レギンスも、スタッフのリクエストから復活に至りました。私たちスタッフが本当に良いと思ったものをお客さまにお使いいただけるよう、これからもスタッフみんなで「最高」を求め続けたいと思います。
シルクインナーも強撚レギンスも、かぐれ全店でお取り扱いしていますので、ぜひお試しくださいね。

また9月27日(水)より、阪急百貨店うめだ本店3階にて、シルクインナーを始めとするかぐれオリジナルインナーシリーズのPOP UP SHOPを開催します。詳しくは下記のリンクをご覧ください。
http://www.kagure.jp/24118/


かぐれ