お知らせ

表紙に戻る

イベント・ワークショップ

茶話会「ものづかい、ものづくり、うつくしい暮らし」
2018.11.05

茶話会「ものづかい、ものづくり、うつくしい暮らし」

写真:濱津和貴

ゲストに、「guillemets layout studio」 並びに「さる山」主宰のデザイナー・猿山修さんをお迎えし、康人さんとものづくりについてお話いただきます。

人の手でつかわれるものをその手で生み出すお二人。つくり、つかう、それぞれの視点からどんなお話が繰り広げられるでしょうか。

聞き手はキュレーターの石田紀佳さん。
福島の地酒と、昨年も好評でした智子さんのおにぎりをいただきながら楽しい時間を過ごしましょう。

  • 茶話会「ものづかい、ものづくり、うつくしい暮らし」
  • 茶話会「ものづかい、ものづくり、うつくしい暮らし」
  • 茶話会「ものづかい、ものづくり、うつくしい暮らし」
  • 茶話会「ものづかい、ものづくり、うつくしい暮らし」
茶話会「ものづかい、ものづくり、うつくしい暮らし」

写真:濱津和貴


【詳細】
日時:2018年11月28日(水) 17:00~19:00
会場:かぐれ 表参道店 2階 accessmap
定員:20名(要予約)
参加費:¥2,000+税

【お申し込み】 
下記お申し込みフォームからお申し込みください。
> お申し込みフォームはこちら

※キャンセル待ちのお客様がいらっしゃる可能性もありますので、キャンセルの場合は必ず前日までにご連絡ください。
当日キャンセルはご遠慮いただきますようお願いいたします。

猿山 修 (さるやま おさむ)

1966年生まれ。デザイナー
東京元麻布にて、グラフィック、食器を中心としたプロダクト及び 空間等のデザインを行うギュメレイアウトスタジオ、古陶磁を含むテーブルウェア等を扱う「さる山」を主宰。
演劇、映像及び展覧会のための作曲・演奏活動も行う。2001年より シアターカンパニー”ARICA”の音楽を担当 。

>https://guillemets.net/

石田 紀佳 (いしだ のりか)

フリーランスキュレーター
美術手工芸品の紹介を執筆や展覧会企画で行う。人と自然の関わりをみつめ、実生活でも野生食をとりいれながら、未来の暮らしを探る。世田谷ものづくり学校にて都市の循環型庭、「巡る庭」をガーデンデザイナーの塚田有一さんとディレクション。
手仕事の素材と道具についての著書『藍から青へ』(建築資料研究社)。
『murmur magazine』(mmbooks)にて「魔女入門」連載中。

>草虫こよみ


関連イベント


かぐれ