生活道具

表紙に戻る

作家紹介

KINTA STUDIO
2013.03.29

KINTA STUDIO

土と鉄と木であらゆるものを作り出す、造形家の“KINTA”さん。はじめは絵画と書から、やがて鉄や木に出会い、30年を経た現在は、陶器、家具、オブジェ、看板、照明……などなど、様々なものを制作しています。自宅のほとんども、骨組みと壁は大工さんに施工してもらったものの、排水、水道、基礎、屋根や扉など作れる部分は自ら作ってしまったそう! 職人の仕事とは異なる「ゆらぎ」や「気の抜けたところ」を大切に、素材が最大限に生きるよう制作するのがモットーです。

catch_kinta
略歴
1960年 長野県生まれ
1978年 東京に移住。愛知県にて絵画による4人展に初参加
1985年 長崎県黒島にて、石と民芸シンポジウム[ウシャマダカ]に参加。陶器を作りはじめる
1990年代 栃木県益子に移住。現在に至る
KINTA STUDIO

かぐれ