オリジナルコスメ

中央大学卒業後、筑波大学芸術専門学群日本画専攻卒業。日本画と共に陶芸作品を制作。栃木県益子町の「STARNET」でもの作りと地産地消、循環型のくらしを体験。そこで出会ったアーバンリサーチと、2008年「かぐれ」をオープン。

Blog

渡辺敦子

記念すべき第1回目は「KAGURE holistic beauty」の名付け親でもある、かぐれショップディレクター・渡辺敦子の登場です。渡辺といえば、周囲の誰もが認める健康・美容通。徹底した自己管理と審美眼で、holistic beautyを体現しています。そんな渡辺にholistic beautyに繋がるライフスタイルを尋ねると、一番に返ってきた答えが「食」でした。その理由は?
「beautyというと、すぐに外面を想像しがちですが、欧米のことわざに“You are what you eat.”という言葉がある通り、私は私の食べるものでできているから。肌も、健康も、精神も!です」
まさにその通り!私たちを作っているのは食べものです。化粧品にできることは外側からのサポートで、真に健康で美しい肌を作り出すには、良質な食事を摂り、規則正しい生活をすることが一番。それでは、渡辺の食生活を覗いてみましょう。

アトピー改善のために一番大きかったのが食の改善

そもそも夜20時以降は極力食べない(外食や、誰かと一緒に食事をする場合を除いて)ようにしているため、朝目覚めると超空腹状態なんだとか。まずは水(冬は白湯)をコップ1〜2杯飲み、胃を動かし始めます。ストレッチやヨガをした後、果物を適量食べて、何となく満腹に。 お腹が減ったら、サラダかスープとパンを1〜2枚(①)。そしてこだわりのミルで挽いた食後の珈琲(② )。「珈琲はほんとはアトピー体質には良くないんですけど。大好きなのでやめません(笑)」という渡辺。好きなものを我慢するのはかえってストレスになりますから、どうしても外せないものとは上手に折り合いをつけていくのが身体にも心にも良い作用をもたらすのかもしれませんね。 そして出勤後、お昼ご飯をがっつり食べ(③)、夜は18時か19時頃に何かしらむしゃむしゃ。帰宅後は甘酒を1杯。夏はレモンの蜂蜜漬け、最近はショウガの蜂蜜漬けを入れて飲んでいるそうです(④)。

何ともヘルシーな食生活! こんな風にこだわりを持つようになったきっかけは?
「そもそもはお肌のせいですね。アトピーだったからです。アトピーの原因を調べていたら、肌のバリア機能の低さがあって、とにかく免疫力を上げることを努めるようになりました。これもholistic beautyということに関わってきますが、生活習慣から全て見直しました。そこで一番大きかったのは『食』だと思います。自分の身体の調子を良くする食べ物と、逆に負担になる食べ物、というものを研究していきました。周りの友人やお客様も食にこだわっている方が多いので、その情報交換も楽しいです。今はみんな醗酵がブームですかね」

確かに、渡辺の周りではいつも健康・美容に関する情報が飛び交っています。その中から自分に合うもの、続けられるものを選択していっているのですね。

次のページへ