オリジナルコスメ

vol.8 石井健介 my beauty theme 「からだとこころの調和」

第8回目は、かぐれでクラニアルセイクラル(頭蓋仙骨療法)の施術をしてくださった石井健介さんの登場です。クラニアルセイクラル(以後クラニオ)は、頭蓋骨から仙骨までつないでいる脳脊髄液の循環を促し、全身を整えるという施術法。「からだのこわばりをゆるめる。」というタイトルで過去3回行ったその施術では、実際に体験された方のからだとこころが穏やかに変化した様子を、その表情から感じ取ることができました。
beautyというのは、外見を着飾ることだけではありません。からだとこころのバランスが取れていて、内面から輝いていること。それがholistic beautyの概念です。そこで今回は、初の男性ゲストとなる石井さんに、クラニオによって訪れた心身の変化や現在のライフスタイルについて伺いました。

千葉県館山市出身。地元の海でのライフセービングを通じて、自然を愛する心を育む。ファッション業界で働くものの、大量消費のサイクルに疑問を感じ、オーガニック&エコロジーの道へ。縁あって「kurkku」のプレオーガニックコットンプロジェクト、雑誌『murmur magazine』に携わる。その後、クラニアルセイクラルと、待山氣塾にてエネルギーワークを学ぶ。現在はフリーランスで仕事をしながら、「からだとこころ」をゆるめるセラピストとして活動中。

介入しない、介入させない。依存しない、依存させない。でも関わっている。

服飾の専門学校を出てロンドンに留学、帰国後はアパレル会社の営業として働いていた石井さん。しかし、ファッショントレンドという移り変わりが激しいサイクルの中で消費されていく洋服を見て、これではいけないと思ったそう。
「セールでぐちゃぐちゃに売られている洋服、福袋やアウトレット用に作られたチープな洋服……。なんだか悲しくなってしまって。それで色々調べたら、エシカルファッションという環境に配慮されたファッションがあることを知り、音楽プロデューサーの小林武史さんが代表を務めるkurkkuという会社で、オーガニックコットンやプレオーガニックコットンのプロジェクトに携わりました」
雄大な海を望む千葉県館山市で生まれ育った石井さんにとって、環境と調和したライフスタイルに切り替えていくことは自然なことでした。
「学生時代に、館山のビーチで4シーズン、ライフセーバーをしていたんです。海岸のゴミ拾いをしていた時、自分の大好きなビーチがゴミで汚されていることに心を痛めました。これが、初めてエコロジーということに気付いたきっかけかもしれません」

地元館山の海

その後『murmur magazine』(エムエム・ブックス発行)という雑誌のお手伝いをしていた時に、セラピストのカワムラタマミさんに出会った石井さん。初対面のイベントでハンドマッサージをしてくれたカワムラさんの口から、驚きの一言が飛び出したそうです。
「突然、『あなたもうできるから、次のお客さん来たらやってみて』と、マッサージを受ける側からやる側の席に座らされたんです(笑)。『大丈夫、あなたならできる!』って」
その後、本格的にクラニオを学び、2011年7月「からだのこわばりをゆるめる。vol.1」がかぐれで行われました。
「ぼく自身、カワムラさんから教えてもらったことがきっかけで、こころもからだも随分とゆるんで調和がとれるようになりました。それで、今度はぼくが誰かのきっかけになりたいと思って始めたんです」

石井さんに訪れた大きな変化の一つが、「無理をしない」ということ。
「いい意味で人との境界線をしっかりと引くことができるようになりました。 たとえば遊びに誘われても、自分が疲れていたり気分が乗らなければ断ります。昔だったら付き合いが悪いと思われたら嫌だな、と思って参加していたのですが、今は全く気にならなくなりました。仕事も、体調が悪いときは迷わず休みます。自分の感情や体調に素直にならず、無理して頑張ってしまう人、いい人ほどからだとこころの調和を崩してしまう気がするんです。なので、とにかく自分に素直に、ということを心がけています」

石井さんの施術が他のマッサージと大きく異なるところが、そのスタンス。たとえば、気持ちよくなるようにどこかを指圧するとか、そういうことはありません。
「正直ぼくは、何かしているようで何もしていない。でも、からだは自然にゆるんでくれるから、あとはもうその人におまかせします。ぼくはお客さんに、できたら次は来ないでください、っていつも言っています。つらくなったらまたやってもらえばいいやっていうのはなし。ここに行けば助けてもらえるじゃなくて、からだがゆるんだ今のこの感覚を思い出してくださいって。もしそれを思い出せなければ、もちろんそのお手伝いはしますけれどね」
確かに石井さんの施術には、他のマッサージではなかなか得られない「気付き」があります。自分のからだにはこんなに力が入っていたんだ、こんなにゆるめていいんだ、という気付き。それは、第三者の介入によって引き起こされるものではなく、自然に、自発的に起こる変化です。自分を楽にできるのは、結局自分自身。そのきっかけを与えてくれるのです。

次のページへ