企画展

表紙に戻る

「竜巻き」小高 千繪 白磁

9月4日(土)-9月12日(日)於)かぐれ表参道

「実は隠された301番があって」と、去年のかぐれでの会が終わって小高千繪さんからその301番が送られてきた。平たかった皿が上に登りはじめようとする器……単純にボウルといえばいいのだが、ややこしく説明するのは、そのときの展示が「plain plates」という大小の皿ばかり300枚をつくったものだったから。ロクロで水平に広がる平たい皿に、サインのかわりに番号がうたれた。 ともかく皿を極めたい、水平線の彼方に何かをみたい、と2009年の一夏が過ぎ、彼女は果たして彼方にとどいたのか。「まだまだ だよ」といいながら、おそらく何かをみつけたのだろう。きっとその手で触れたはずだ、だからもっと、もっとつかみたがっている。

限りなき水平線はひとまず。この夏は垂直に登る。 「竜巻き」は「plain plates」よりも、よりロクロの仕事らしいし、より立体で、だからわたしは否応なく、形の成り立ちについて思いを巡らすはめになった。どう巡らせたかはここには書ききれないが、おかげでようやく彼女の彼方此方に触れられそうだ。 人はなぜ彫刻みたいなものをつくるのか、絵画について棚上げしていた問題、実用とされる器や道具についてのことなど、いまだ 堂々回りではあるけれど、つむじ風がふきはじめた。

小高 千繪(こだか ちえ)

1968年長野県生まれ。
幼稚園生の時に何かを作ってゆこうと閃く。
父親の転勤で小学生時代の4年間をパリで過ごす。
使う物を作りたいと考える。
美大の彫刻科にすすむ。
1994年焼き物を始める。
石拾い
白磁でカタチのことばを拾っています。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~ikkanjin/

2011年

赤木明登
「ぬりもの 輪島紙衣と塗立」
4月16日(土)-5月5日(木)
かぐれ
「わたしたちの結婚式」
2月11日(金)-3月6日(日)
3月11日(金)-3月21日(月)

2010年

かぐれ
「掃除の楽しみ 道具と知恵」
12月10日(金)-12月30日(木)
omoto
「働きものの鉄と布」
11月5日(金)-11月14日(日)
小高 千繪 白磁
「竜巻き」
9月4日(土)-9月12日(日)
真木テキスタイルスタジオ
「美しい布」
7月30日(金)-8月8日(日)
House
「皮のサンダルとベルト」
6月4日(金)-6月13日(日)
keiko kurita写真展
「mystic water/geothermal」
5月15日(土)-5月31日(月)
海野 毅
「道具」
4月24日(土)-5月5日(水)
田鶴浜 守人
「陶」
2月27日(土)-3月7日(日)

2009年

かぐれ
「箸と匙」
12月4日(金)-12月29日(日)
有田 昌史
「海月ノ空」
11月11日(水)-11月20日(金)
(猿山 修+濱中 史郎)×大屋窯
「萩 hagi」
10月16日(金)-11月25日(日)
小高 千繪 白磁皿
「plain plates」
8月22日(土)8月30日(日)
studio prepa
「ガラスのにおい」
6月13日(土)-6月21日(日)