holistic beauty life

第18回 KAGURE holistic beauty image models SPECIAL TALK 3 森 ゆに(シンガーソングライター、ピアニスト)

第18回 KAGURE holistic beauty image models SPECIAL TALK 3 森 ゆに(シンガーソングライター、ピアニスト)2015.01.28

やり過ぎない、余白がある美しさを大切に

  • インタビュー風景 01
  • インタビュー風景 02
  • インタビュー風景 03

渡辺: かぐれでは、発酵男子イベントですっかりおなじみになった『手前みそのうた』、作詞作曲と歌を担当しているのがゆにさんです。この歌がうまれたきっかけはなんだったのですか?

ゆに: 五味くん(山梨県甲府市の五味醤油6代目・五味仁さん)と知り合ったとき、彼がずっと、みんなが発酵文化に親しめるように、歌でわかりやすく伝えたいと言っていて、それなら私やるよって言っちゃったんです(笑)。それで最初に『発酵のうた』というのをつくって、それからヒラクくん(発酵デザイナー・小倉ヒラクさん)が参入してどんどんプロジェクト化していき、アニメーションまでできて。『手前みそのうた』は、市役所の方に教材として使いたいと言われたり、テレビやラジオでかけていただいたり、絵本になったり、色々広がっていきました。それで五味くんが調子に乗って(笑)、第三弾の『こうじのうた』までできちゃった。

渡辺: 『手前みそのうた』は2014年のグッドデザイン賞を受賞、さらに『こうじのうた』はアニメーション制作のクラウドファンディング(ある目的や志などのため、不特定多数の人から資金を集めること)が大成功でした。日本の発酵文化が、こういう形で伝わっていくのは楽しいですね。

渡辺: さて、ゆにさんにとって、美しさとはなんでしょう。

ゆに: 私が音楽をつくるときに大切にしている感覚と同じなのですが、やり過ぎない、余白がある感じがいいなと思っています。

渡辺: 一歩引いてみる感覚というか。

ゆに: そうですね。あとは、これはこうだから、この人はこうだから、と決めつけないでいたい。というのも、東日本大震災以降は特に情報過多で、私自身まいってしまった時期がありました。だから、あふれる情報にすぐ飛びつかないで、自分はどう思うか落ち着いて考える余裕みたいなものを常に持っておきたいと思っています。

渡辺: つい引っ張られてしまいがちになりますけれどね。

ゆに: 私も本質的には引っ張られやすいんですよ。感情がわーっとなってしまったりもするし。だから意識的に抑えているんです。

渡辺: そうなんですか、意外です。でも、感情を出すのも悪いことではないと思うけれど。

ゆに: そうですね、バランスですよね。少し前までその加減がわからなくて、曲が全然書けなかったときがあったんです。自分が書いている歌詞が全部うそくさく感じて、歌なんてなんの力もないし、ただの一人よがりじゃん、みたいになってしまって。でも、私が好きな、あるシンガーソングライターの歌詞を見たときに、すごいなと思って。こんなふうに思えるんだから、言葉には力があるに違いないと、それからまた自分でも歌詞を書けるようになりました。でも、すべての思いを出すというよりは、聞く人に解釈の余地を与えるような書き方を意識的にはしています。

渡辺: なんとなくわかりますね、その感じ。ゆにさんの歌は、聞いた人が感じ入るというか、自分の様子を見るような時間がある気がするんです。 最後に、これからの夢や、やりたいことはありますか?

ゆに: まずは、次のアルバムをつくることですね。そのアルバムは歌うんですけれど、それができたら、次はピアノだけのアルバムをつくりたいと思っています。

渡辺: それはどうして?

ゆに: 先ほど話した、言葉をちょっと休みたいと思ったのを、一つ具現化してみようかなと思ったので。

渡辺: そうなんですね。言葉のないピアノだけの世界というのも楽しみです。なにかを産み出し続けるってとても大変なことだと思いますが、つくりたいものがたくさんあって素晴らしいですね。ゆにさんは、表現者として自分の感覚を大切にしながらも、我を通さずに聞く人に委ねるかたちを理想としている。そのバランスが、無理のない自然な創作スタイルを産んでいて、聞く人の心にも心地よく響くのだと思います。今日はどうもありがとうございました。

森ゆにさん プロフィール画像

うつくしさは、あなたのなかに生きている。

四季のある国の肌を、輸入した考え方で守れるだろうか。
忙しすぎる女性の気持ちを、科学は抱きしめられるだろうか。
日本の女性のためにつくられたKAGURE holistic beauty。
植物の力をとりこむうちに、五感が研ぎすまされていく。
自分でも知らなかったパワーが、内側からあふれだしてくる。
そしてあなたは気づくだろう。
うつくしさは時間とともに逃げていくものなんかじゃない。
特別な誰かにだけ与えられてるものでもない。
いつだって、あなたのなかに生きている。
すべての女性には、自分自身を再生する力があるのだから。

holistic beauty Concept