holistic beauty life

第15回 2周年記念 スペシャル対談

第15回 2周年記念 スペシャル対談2014.01.29

今回のholistic beauty lifeは、かぐれショップディレクターの渡辺と、コスメティック部門担当の岩井による対談の第二弾。かぐれの中で「holistic beauty」をテーマとした動きが盛んになった2013年を振り返り、3年目の展望を語ります。 さらに、昨年末に行われた、KAGURE holistic beauty 2周年イベントのレポートと写真もあわせてご紹介します。

岩井 愛 プロフィール画像

プロフィール

岩井 愛
(かぐれ東京ミッドタウン店店長・かぐれコスメティック部門担当)

大学卒業後、ネイリストとして勤務。自身の体調不良を経て、化学物質を用いないネイルケアを提唱するサロンに転職。その経験を生かし、現在かぐれにてコスメティック部門の商品開発やKAGURE holistic beautyシリーズの企画に携わっている。

渡辺 敦子 プロフィール画像

プロフィール

渡辺 敦子
(かぐれブランドプランナー・ショップディレクター)

栃木県益子町にあるstarnetにて、ものづくりと地産地消、循環型の暮らしを経験した後、天然繊維と生活雑貨の店「かぐれ」を立ち上げ、ブランドのコンセプトワーク、商品企画、イベント企画等を手がける。日本の手仕事と、食を中心とした暮らしに関する分野で活動中。

  • 2周年記念 スペシャル対談 イメージ画像1
  • 2周年記念 スペシャル対談 イメージ画像2
  • 2周年記念 スペシャル対談 イメージ画像2

2013年を振り返って

岩井:2013年はかぐれにとって、2月に大阪店、4月に東京ミッドタウン店のオープンという大きな出来事がありました。

渡辺:大阪店は、私が以前勤めていたstarnetの店舗を引き継ぐということで、特別な思いがありました。かぐれを知っている人が少ない西の土地で始めるのは挑戦でしたが、大阪店ならではの繋がりがどんどんできて、かぐれのオープンを喜んでくれる方もたくさんいて、とても良かったですね。

岩井:そうですね。東京ミッドタウン店は、私は店長としてオープンから携わりましたが、お店をみんなで作っていくのがとても楽しくやりがいがありました。

渡辺:最初はどういうお客さまが来るのか分からなかったから、色々試行錯誤しながらお店のラインナップを変えていって、今は良い形に着地できていると思います。

岩井:東京ミッドタウン店のテーマは、「holistic beauty」。かぐれの他店舗にないナチュラルコスメや食品、雑貨なども取り扱って、お客さまの反応を見ながらセレクトしています。私がうれしかったのは、お客さまはもちろんなのですが、スタッフの変化です。それぞれ新しい商品を自分で試し、肌や体が変わっていくのを実感して楽しんでいるのが伝わってくるんです。

渡辺:「変わった私を見てください!」っていうくらいの勢いですからね(笑)。良いものを自分で実感し、自信を持ってお客さまに提案できるのは幸せなことですよね。

岩井:2013年は、東京ミッドタウン店らしさを作り上げてお店を整え、スタッフも学んで体感する、という一年だったのですが、2014年は、東京ミッドタウンという環境の中で、かぐれにしかできないことをお客さまにご紹介できたらいいなと思っています。

渡辺:そうですね。東京ミッドタウン全体のテーマの一つでもある、ナチュラルやエシカル、グリーンといった志向が、世の中でも年々強まっているのをずっと感じています。特にハイエンドのお客さまが多い東京ミッドタウン店では、よりそうした傾向が強いと思うので、商品だけにとどまらず、講座やワークショップなどにも取り組んで、様々な側面から提案していきたいですね。

岩井:東京ミッドタウン店がholistic beautyというテーマを打ち出し、それを受けて既存の3店舗にも、さらに個性が出てきたように思います。東京の表参道店、丸の内店、東京ミッドタウン店は地下鉄の千代田線で行き来できるので、お客さまの中には、はしごしてくださる方もいて。

渡辺:そんな風に支持してくださるお客さまがいるっていうのは、やはり需要があるのだと思うし、とてもありがたいです。