衣

表紙に戻る

かぐれ 2017 Autumn / Winter

かぐれの衣かぐれの衣

かぐれの衣

わたしたちが着たいと思う服は、からだに心地よく、心に働きかける服です。
天然繊維の着心地よい服を選べば、自然と気持ちも穏やかになります。天然繊維は、色があせても染め直しができ、繕いながら長く楽しむこともできます。
個性に合ったデザインは気分を高め、着る人の魅力を引き立たせてくれることでしょう。

肌に直接触れる下着や靴下は、オーガニックコットンやシルク素材をおすすめします。
素材が元来持っている肌あたりの柔らかさや保温・保湿性を活かし、ふんわりと包み込むようなデザインを選べば、からだの循環がよくなり、健やかになっていきます。

さらに、素材の生産、紡績、縫製、加工など、素材を収穫してから服になるまでの工程に無理がないことも大切です。
わたしたちは、そのような思いを共有できるブランドやデザイナーと連携して共作したり、衣服を紹介したりしています。

また、世界を見渡せば手仕事による服づくりが大切に続けられている地域があります。手紡ぎ、手織り、草木染め……。
つくる人の手間と愛情がこめられた一枚の服は、袖を通すときにきっと特別な感動を与えてくれます。

かぐれ