お知らせ

「世界に1つだけのアクセサリーを贈る」

世界に1つだけのアクセサリーを贈る

「紋白 noya の贈る 聖夜」関連ワークショップ

大切な人へのプレゼントに、自分の手でオリジナルネックレスの贈り物を作りませんか?
このワークショップで作るのは、自然を神とした日本人の自然観をジュエリーで表現しているブランド『mncRo(モンシロ)』の「noya」秋の七草シリーズから「オミナエシ」のネックレス。今回は特別にご自身でお好きな天然石を選んでパーツに組み合わせていただけます。
メッセージカードと宛名を添えて素敵な木箱に入れれば、世界に1つだけの贈り物が完成。
男性への贈り物にも出来るパーツもご用意しています。自分自身へのプレゼントにもいいですね。
お友達やパートナーとのご参加も大歓迎です。
【詳細】
日にち:2011年12月18日(日)
時間:第1部 13:00~15:00 / 第2部 16:00~18:00(所要時間約2時間)
定員:各回7名(要予約)
参加費:¥15,750(税・材料費込)
講師:関谷聡美さん(mncRo)
場所:かぐれ表参道2F
※なお、キャンセル待ちのお客様がいらっしゃる可能性もありますので、キャンセルの場合は必ず前日までにご連絡ください。
当日キャンセルはご遠慮いただきますよう、お願いいたします。
【お申し込み方法】
下記お申し込みフォームからお申し込みください。
お申し込みフォームはこちら
neckless tool
box gift

【プロフィール】
mncRo(デザイナー:関谷聡美)
新潟県新津市出身。
15歳から独学でアクセサリー作りを始める。
彫金学校で2年間学んだ後, 2006年にアクセサリーブランド“mncRo“(モンシロ)を立ち上げる。
2008年 夫と共にアトリエ兼ショップ“Taneru”をオープン。
2009年 ブライダルシリーズ mncRo mariee(モンシロマリエ)発表。
2010年 紋白 noya 野草のアクセサリー発表。
現在は東京・自由が丘を拠点に、制作活動を行っている。

taneru: www.taneru.com
2011年11月30日 お知らせ
タグ :: ,

つのだたかし「たそがれリュート」コンサート

つのだたかし

たそがれリュートコンサート

つのだたかしさんによる古楽器リュートのコンサートです。
音楽の前後には店主:赤木 明登(塗師)による「1日だけ居酒屋能登」 が、この日に限り限定オープン。ギターの流しとともに、こだわりの日本酒が振る舞われます。
【詳細】
日にち:2011年12月11日(日)
時間:17:00 bar open/17:30~18:20 concert/18:30~20:00 bar+eating start/20:00 close
場所:かぐれ表参道2F
定員:40名(要予約)
チケット:前売り4,000円(1ドリンク付き)
※おかげ様でこちらのコンサートはすべて満席となりました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

【プロフィール】
つのだたかし
古楽器リュートの演奏家。ソロ、リュートソングの伴奏のほか、楽しい古楽器バンド《タブラトゥーラ》で客席を沸かせたり、映画「花よりもなほ」や文化村の「十二夜」の音楽制作など、その活動は多岐に渡る。最近はギター片手に大好きな南米の歌を歌ったりする。

Dowland & Company(つのだたかし): http://www.linkclub.or.jp/~dowland/
ぬりもの(赤木明登): http://www.nurimono.net/
2011年11月30日 お知らせ
タグ :: ,

THANK YOU SALE 開催中!

THANK YOU SALE

お陰さまで12月でかぐれ表参道は3周年、かぐれ丸の内は2周年を迎えます。
日頃の感謝の気持ちを込めて、「Thank You Sale」を開催しております。
【詳細】
キャンペーン期間:2011年11月25日(金)~12月11日(日)
対象店舗:かぐれ表参道店・かぐれ丸の内店・DOORS二子玉川店
対象商品:以下のオリジナル商品を30%OFFでお求め頂けます。商品がなくなり次第終了となりますので予めご了承くださいませ。
01
カスレ柄ラップスカート
29,400円→20,580円
02
カスレ柄ビッグワンピース
30,450円→21,315円
03
カスレ柄スタンダードカラーワンピース
30,450円→21,315円
04
チェック柄ラップスカート
30,450円→21,315円
05
チェック柄ワンピース
28,350円→19,845円
06
チェック柄シャツ
25,200円→17,640円
07
ローンギャザーシャツ
19,950円→13,965円
皆さまのご来店お待ちしております。

カラダ ~命の器~を整える(12月)

カラダ

体は自然と、安らぎを求める。
心は自然と、喜びを求める。
命を、本来自然の姿に
河邊正則
【詳細】
日時 : 12月3日(土)13:00〜16:00
場所 : かぐれ表参道
※代金は無料です。
※予約は必要ありません。上記の間、お好きな時間にお越し下さい。
※お一人の所要時間は5分ほどです。
「心地よく、もっときれいに」これはかぐれのテーマのひとつです。
オーガニックコットンをはじめとする素材が持つ、しなやかな肌触りと、服飾としての華麗さを両立させた衣服たち。
毎回の食事にそっと彩りを添えてくれる、心のこもった器たち。
こういった“身の回り”に関しては、だいぶん整ってきました。
そうすると、次に気になってくるのは“身そのもの”についてのこと。
自身の“身そのもの”を心地よく、美しく整えるひとつの手段として、今回ご紹介したい方が、河邊正則さんです。
河邊さんは、通常、治良師(ちりょうし)として、体を自然本来の姿にしていく、という活動をされていますが、今回の震災の後、ご自分のできる貢献として無償で奉仕する、という行動を始めました。
河邊さんの治良は、だいたいは眺めて、話を聞くことで終わります。
時に、食や基本的生活習慣に関して指導をすることもありますが、なにをどう調整しているのか、本当のところは分かりません。
西洋医学のように、原因に対して局所的な処置を行う訳でもなく、薬を処方する訳でもなく。
直接的に「体」に働きかけ、気を巡らせ、体本来の自然な状態に戻してあげる、と言います。
それで体は反応していきます。
わたしが受けた印象としては、良書に巡り会って、思考の流れがスムーズになったり、素敵な音楽が流れているだけで、その場の雰囲気が軽やかになるような。そんな感じ。
河邊さんの言葉を借りれば「楽器を調律するのに近い」ということです。
今、当たり前とされている普通の生活は、もしかしたらストレスに満ちたものかもしれません。
体はとても正直に、心の動きを感じ、不調を知らせてくれているのかもしれません。
日々のストレスや疲労などが原因で、少しだけ傾いてしまった体のバランスを取り戻してあげる。
河邊さんは、そのために体と対話し、体の声に耳を傾けてくれます。
当然、感じ方に個人差は出ると思います。同じ本を読んで、同じ音楽を聴いても人それぞれ違うみたいに。
河邊さんに会ったら、皆さんの心がひとときでも安らぎ、体もきっと生き生きと動き出すのではないか、そんな期待をしています。
かぐれ 渡辺敦子
河邊正則さんについて、詳しくははこちらをご覧下さい
アトリエこしき
2011年11月29日 お知らせ
タグ :: ,

ライブ「手と声と」

main

omoto「手から手へ」関連イベント
omoto「手から手へ」最終日の12月4日(日)に、三木千夏さんによるアコースティックギターの弾き語りライブを開催します。
初冬の夕暮れ、狛江のカフェ茶茶のおいしい飲み物でのライブ。
omotoが伝えたい手のぬくもりが、三木さんの歌にのって。
【詳細】
日時:2011年12月4日(日)16:30開場/17:00開演
場所:かぐれ表参道店2F
チケット:前売り ¥1,000/当日 ¥1,200(共にカフェ茶茶の飲み物1杯つき)
※お席は前売りのお客様が優先となります。当日は立ち見も予想されますので、事前のご予約をおすすめいたします。
【前売りチケットお申し込み方法】
下記お申し込みフォームからお申し込みください。
お申し込みフォームはこちら
【プロフィール】
三木千夏 みき ちなつ
作詞・作曲 / 歌・ギターなど

東京に生まれ、大阪で育つ。大学在学中より、歌とギターの二人組「one tone」の歌の方として活動。
2007年、古いマーチンのギターと出会い弾き語りを始め、関東を中心に各地のライブバー、ギャラリー、カフェ、ものづくりイベントなどでライブを行う。
2009年、主に自宅キッチンにて1年を通じて録音したミニアルバム「手と声と」をリリース。
三木千夏 http://chinatsu.verse.jp/
blog「うたになる日々」 http://chinatsuto.exblog.jp/
profile
【リリース情報】
jacket 三 木 千 夏
1st mini album
『 手 と 声 と 』

2009年6月20日発売
TTTD-01 / tetote
1500円(税込み)
CDの詳細はこちら

 [収録曲]
 1. もくもっくも
 2. 曇り空の日
 3. 一月の庭
 4. 永遠のあお
 5. 鍵
 6. 手と声と
※ライブ当日は会場でもお求めいただけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 omoto「手から手へ」クロージングライブ「手と声と」に寄せて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会ってわたしたいから、と智子さんはいいます。
送ってしまえば簡単なのに、なるべく出かけていってわたしたいと。
康人さんの包丁を大切に抱えてゆく智子さんの姿。
手でつくったものを手でわたす。
わたしも智子さんの手から「種まきシャツ」をうけとりました。
omotoと記された布にくるまれたそれを手にとったときの、ふわっとした気持ちをときどき思い出します。
あのとき、ちょっと照れたりして。
もののやりとりにことさらな意味をのせるつもりはありませんが、でもただ使えればいいとか役立てばいいというだけではないことが世の中にはありそうです。
それが喜びや悲しみになって、わたしたちの日々をいろどっているように思います。
三木千夏さんの「手と声と」の歌をきいたとき、ことばも歌も、ものも、同じなのだと感じました。
そして、楽器は手で奏でる、ということに今さらながら気づいたのでした。
旋律にのせて響く声は手わたしする思いのようで。
「ことばはいつも不確かで
 ぬくもりはいつもはかなくても
 そこにある手と手と 声と声と
 おもいを」
そのはかなさを充分に知りながらもなお「信じてみる」と三木さんは歌います。
omoto展示会の最終日、手と手を交わしあった場所での弾き語り。
きっと何かを伝えてくれそうです。
最後に、ソロ活動お休み期間中に特別にライブをしてくださる三木千夏さんに感謝します。
石田紀佳(キュレーター)
2011年11月27日 お知らせ
タグ :: ,

康人さんの研ぎワークショップ

yasuto_main

omoto「手から手へ」関連ワークショップ
omotoの康人さんは刃物研ぎ師でもあります。
なかなか自分では出来ない包丁の研ぎ。
切りにくくなってしまった包丁も、プロにきちんと研いでもらえば刃もちが違います。
普段は「出張研ぎ」康人さんにお願いするのですが、きちんとやり方を覚えて自分で研げるようになりたい!という方向けのワークショップです。
砥石を使った刃物研ぎを、ご自身で出来るようになるまでレクチャーしていただきます。
また当日は砥石の販売も行います。
【詳細】※全3回開催します
日時:11月28日(月)・11月30日(水)・12月1日(木) 14:00〜15:30(所要時間1~2時間程度)
場所:かぐれ表参道店
定員:各回3名(要予約)
参加費:¥2,000(税・材料費込)
持ち物:切れにくくなった包丁、エプロン、タオル
    砥石をお持ちの方は良ければお持ちください。ご自身の包丁と砥石の相性診断致します。
※お陰様でこのワークショップは、すべて定員に達しました。
たくさんのご応募ありがとうございます。
■鈴木 康人(すずき やすと)
福島県いわき市出身。
メンズファッション専門学校を卒業後、故石津謙介氏に師事。
40代にいわきに戻り刃物研ぎ師としての道を歩み始める。
地元の野鍛冶長谷川昭三氏に師事、鍛冶の技術を身に付けながら同時に県内外の物づくりイベントに参加。
2011年11月27日 お知らせ
タグ :: ,

智子さんの鍋つかみワークショップ

tomoko_main

omoto「手から手へ」関連ワークショップ
智子さんの鍋つかみは色んな布をバランスを見ながら組み合わせた景色の良さだけでなく、厚みもあって機能的にもとっても使いやすいのです。
智子さんがインディゴリネンを用意してくれますが、もしご自宅にあまった布があれば、それを使って作る事もできます。
智子さんの手本のようにはいかなくても、個性あふれる鍋つかみを一緒に作りましょう。
【詳細】
日時:11月29日(火) 13:00〜16:00 (所要時間3時間程度)
場所:かぐれ表参道店2F
定員:6名(要予約)
参加費:¥3,500(税・材料費込)
持ち物:お使いになりたい布があれば
※お陰様でこのワークショップは定員に達しました。
たくさんのご応募ありがとうございます。
■鈴木 智子(すずき ともこ)
福島県いわき市生まれ。
地元の専門学校を卒業後、縫製会社勤務を経て、2003年に上京。
大手アパレルメーカーでパタンナーとして活動しながら服を中心としたオリジナルなものづくりを始める。その後独立し、2009年「 omoto 」を立ち上げる。
現在は自宅兼工房のある世田谷といわきを行き来しながら制作活動を行っている。
2011年11月27日 お知らせ
タグ :: ,

オーガニックライフスタイリスト文化祭2011

オーガニックライフスタイリスト文化祭2011

11月26日(土)、港区立エコプラザで開催される「オーガニックライフスタイリスト文化祭2011」に今年もかぐれが出店いたします。

【概要】
日時:11月26日(土)(四期生修了式 10:00~11:00/文化祭 11:30~17:00(予定))
場所:港区立エコプラザ(入場無料)

silk
かぐれオリジナルのシルクインナーシリーズも並びます。
かぐれはオリジナルのコスメを始め、大人気のオーガニックコットンインナーやシルクインナーシリーズなどを出品予定です。
また、かぐれのオリジナルコスメをプロデュースしてくださった小松和子さんが講師として出演される豪華イベントも!
 
【トークショー概要】
「オーガニックコスメをめぐるトークショー(仮)」
時間:13:30~15:00
講師:小松和子さん(メイクアップアーティスト)・岡村貴子さん(オーガニックコンシェルジュ/オーガニック研究所)
参加費:無料(要事前申込)
定員:50名
こちらのイベントには表参道店店長の渡辺も10分ほど出演させていただく予定です。

トークショーのお申し込みやその他詳細はコチラからどうぞ。

オーガニックライフスタイリスト文化祭とは
このほど第四期を終えたばかりの港区エコプラザの人気講座「オーガニックライフスタイリスト講座」。衣食住全般にわたる「オーガニック」の知識を身につけたオーガニックライフスタイリスト四期生(通称OLS)が、活動の第1歩として文化祭を開催します。
今年のテーマは「オーガニック、はじめました」~オーガニックがリアルになる時代へ~
当日は、オーガニックライフスタイリストたちが厳選した野菜、ワイン、お菓子、オーガニックコットン用品、コスメなど、毎日のくらしに取り入れられるグッズのお店が並びます。

港区立エコプラザ:http://eco-plaza.net/

omoto「手から手へ」

手から手へ

手から手へ
omoto(布:鈴木智子/鉄:鈴木康人)
【概要】
日時:2011年11月25日(金)〜12月4日(日)
場所:かぐれ表参道
omoto 布:柿渋や藍染めの衣類小物 鉄:手打ち包丁(菜切、果きり、出刃包丁)など
omotoご近所(福島県いわき市)の先輩職人西山昭一さんの竹籠と遠藤芳子さんの杉桶、野らぼうさんのお菓子も
作家在廊日:11月25日(金)〜27日(日)、12月3日(土)・4日(日)
関連ワークショップ
康人さんの研ぎワークショップ(11月28日・30日・12月1日)
智子さんの鍋つかみワークショップ(11月29日)
関連イベント
康人さんの出張研ぎ屋(期間中毎日開催)
出張カフェ茶茶(12月4日)
クロージングライブ「手と声と」(12月4日)
関連記事
omotoインタビュー「変わる景色・変わらない思い」(2011年)
omotoインタビュー「今日もいい景色」(2010年)
柿渋ツアー(2010年)
profile
【プロフィール】
鈴木 智子(すずき ともこ)
福島県いわき市生まれ。
地元の専門学校を卒業後、縫製会社勤務を経て、2003年に上京。大手アパレルメーカーでパタンナーとして活動しながら服を中心としたオリジナルなものづくりを始める。その後独立し、2009年「 omoto 」を立ち上げる。
現在は自宅兼工房のある世田谷といわきを行き来しながら制作活動を行っている。
鈴木 康人(すずき やすと)
福島県いわき市出身。
メンズファッション専門学校を卒業後、故石津謙介氏に師事。
40代にいわきに戻り刃物研ぎ師としての道を歩み始める。
地元の野鍛冶長谷川昭三氏に師事、鍛冶の技術を身に付けながら同時に県内外の物づくりイベントに参加。
omoto 生活の中の布と鉄:http://www.nunototetsu.com/
ブログ:http://chisouan.exblog.jp/
2011年11月17日 企画展
タグ ::

オリジナル冷えとり靴下ただいま製作中!

冷えとり靴下ただいま製作中!

かぐれで冷えとり靴下のお取り扱いをはじめて早2年。
「日中でも履けるような、かさばらない靴下を探している」、「天然素材のみで作られたおしゃれな靴下が欲しい」など、お客さまからなるほどというご意見を多くいただきます。
そこでかぐれでは、本当にお客様が求めている冷えとり靴下をオリジナルで作ることにしました!
オリジナル冷えとり靴下が出来るまでのレポートを公開中です。

冷えとり靴下の効果
冷えとは そもそも「冷え」ってなんでしょう?
「冷え性」と「冷え」は別のもの。冷えは、下半身の体温が上半身よりも低い状態のことをいいます。冷えがたまると、自然治癒力や免疫力が弱まり、万病の原因になるそうです。
冷えを解消するにはとにかく下半身をあたためることが大切です。効果的と言われているのは、半身浴をする・食べ過ぎない・靴下やレギンスの重ね履きをすることです。これらの方法を総称して「冷えとり健康法」と呼んでいます。
Vol.1では冷えの症状や冷えとりについての基礎知識と、かぐれオリジナル冷えとり靴下の特徴をお伝えします。

1. 冷えとり靴下の効果
2. 冷えとり靴下の履き方
3. かぐれの冷えとり靴下の特徴
かぐれオリジナル冷えとり靴下 Vol.1(2011.10.14 up)
vol01

ラインナップ大公開!
「こんな冷えとり靴下があったら……」そんな声を反映させた、こだわりの特徴。履く順番がわかりやすいカラー展開や、一番外側に履くカバーソックスのデザインにもこだわりました。
単品から気軽に履きやすい2足セット、定番の4足セットなど、ラインナップやカラーバリエーションも豊富です。
ご自身の体調に合わせて、お選びいただけます!
lineup
Vol.2ではかぐれオリジナル冷えとり靴下のこだわりの特徴と、商品ラインナップをお伝えします。

1. かぐれの冷えとり靴下の良いところ
2. ラインナップ大公開
かぐれオリジナル冷えとり靴下 Vol.2(2011.10.28 up)
vol02

こだわり大解剖&スタッフエピソード
point 今回はそれぞれの靴下のこだわりポイントをご紹介。たとえばカバーソックス。一番外側に履く4足目はおしゃれなものが欲しいというお客様の声にお応えして、1枚でも履きたくなるようなデザインを2種類ご用意しました。
オーガニックコットン100%で作ったケーブル編みソックス女性らしい透かし編みのソックス。やわらかいスラブ糸を使用することで、やさしい履き心地に仕上げました。中に履いている靴下の色を、あえて見せてもおしゃれです。
お客様の声やスタッフの意見をもとに作られたかぐれの冷えとり靴下。
実際に冷えとりをしているスタッフはどのように見ているのでしょうか。体験談を交えて話を聞いてみました。
staff
Vol.1では冷えの症状や冷えとりについての基礎知識と、かぐれオリジナル冷えとり靴下の特徴をお伝えします。

1. 冷えとり靴下のこだわり
2. みんなの冷えとりエピソード
◯ 納期についてのお詫びとお知らせ
かぐれオリジナル冷えとり靴下 Vol.3(2011.11.11 up)
vol3

cam cam01-02
cam01-03

【関連記事】
かぐれの冷えとり靴下 vol.1(かぐれ丸の内店ブログ)
かぐれの冷えとり靴下 vol.2(かぐれ丸の内店ブログ)
冷えとりスタイル vol.1
冷えとりスタイル vol.2