お知らせ

omoto「暮らしのわ」


omoto「暮らしのわ」

Photo : Waki Hamatsu

omoto「暮らしのわ」

kei_600

omoto 2013年11月22日(金)ー12月1日(日)かぐれ表参道
布と鉄と、ともだちとの共作の道具が集まります。

sub

kei_600

【概要】
日時:2013年11月22日(金)〜12月1日(日)
場所:かぐれ表参道 accessmap

omoto
布:柿渋や藍染めの衣類、小物
鉄:手打ち包丁(菜切、果切、出刃包丁)など

ともだちと作家との共作の道具
kegoya:クルミの財布、アケビの針山、山ブドウの包丁の口輪
ki-to-te:木のベビースプーン
TOMOT:焼き絵の包丁の柄、まな板
古橋治人:ナイフの木の柄
海野 毅:金工の包丁の口輪

そのほかに、omotoのご近所(福島県いわき市)で先輩職人の西山昭一さんの竹籠と遠藤芳子さんの杉桶、善林庵・本間まり香さん、東京・ヒトトのお菓子の販売。
omotoを含む三組の日常を収めた写真集『祝福』の展示販売。また、omotoの包丁で具材を刻んで美味しくいただく朝ご飯の会や、智子さんと康人さんそれぞれによるワークショップ、三木千夏さんのアコースティックライブなど、一年を締めくくる盛りだくさんの内容です。

sub_2

【プロフィール】
鈴木 智子(布)

福島県いわき市生まれ。
地元の専門学校を卒業後、縫製会社勤務を経て、2003年に上京。大手アパレルメーカーでパタンナーとして活動しながら服を中心としたオリジナルなものづくりを始める。その後独立し、2009年「 omoto 」を立ち上げる。現在は自宅兼工房のある世田谷といわきを行き来しながら制作活動を行っている。

鈴木 康人(鉄)

福島県いわき市出身。
メンズファッション専門学校を卒業後、故・石津謙介氏に師事。40代でいわきに戻り刃物研ぎ師としての道を歩み始める。地元の野鍛冶・長谷川昭三氏に師事、鍛冶の技術を身に付けながら同時に県内外の物づくりイベントに参加。

URL:omoto 生活の中の布と鉄:www.nunototetsu.com
ブログ:chisouan.exblog.jp

profile

作家紹介はこちら

kei_600

関連イベント
朝ごはんの会

朝ごはんの会

2013年11月24日(日)
かぐれ表参道2F
お味噌汁の具材を切っていただきながら、omotoの包丁の切れ味、素材の味を存分に体験してもらいます。

刃物ナイト

トークイベント

2013年11月29日(金)
かぐれ表参道2F
刃物にまつわるよもやま話の会。美味しいお酒とおつまみを楽しみながら、熱い鼎談に酔いしれましょう。

あづま袋ワークショップ

ワークショップ

2013年11月28日(木)
かぐれ表参道2F
智子さんが用意してくれる会津木綿を使って、自分だけのオリジナル東袋を縫いましょう。

研ぎワークショップ

ワークショップ

2013年11月26日(火)、27日(水)
かぐれ表参道2F
なかなか自分では出来ない包丁研ぎ。自分で研げるようになったら、料理ももっと楽しくなるはず。

響きあう手と声と

ライブイベント

2013年12月1日(日)
かぐれ表参道2F
毎年恒例、omotoの最終日を締めくくる、三木千夏さんのアコースティックライブ。

出張研ぎ屋

出張研ぎ屋

2013年11月22日(金)〜30日(土)
かぐれ表参道2F
切れにくくなってしまった包丁をお持ちください。プロに研いでもらった包丁は刃もちがいいですよ。

kei_600

関連コンテンツ
s_wa

「暮らしのわ」企画コンテンツ。
omotoを囲むともだちのつくり手たち。

暮らしのなかの布と鉄

「暮らしのわ」企画コンテンツ。
omotoの布と鉄の定番作品を紹介。

kei_600

wakana

10/2(水)~10/14(月) 、吉祥寺のヒトト(元base cafe)にて写真展「祝福」を行いました。
4月にomotoさん、5月に中島デコさん、7月に二階堂和美さん、三組の魅力的だなあと思う人達を撮らせてもらってきました。写真とお話を伺ってまとめた文章を載せた冊子です。

wakana_2

馬場わかな(カメラマン)
雑誌、単行本を中心に人物から料理、手芸など暮らし回りをぐぐっと撮影。
馬場わかなブログ

2013年11月10日 企画展
タグ :: ,