お知らせ

食と暮らしのものさし作り講座(6)

食と暮らしのものさし作り講座
食と暮らしのものさし作り講座

lead

vol1vol2vol3vol4vol5vol6


6_sub

6 からだの回

6回目となる今回は、ものさし作り講座の最終回。テーマは「からだ」です。食や住まいのことを通して、「幅広く“識る”こと」や「自ら選ぶこと」の大切さをお伝えしてきました。最後にお伝えしたいのは、「からだ」のことです。
いくら食や住まいの理想に近づいても、体調が悪くては充実した暮らしを送るのは難しいですよね。
「健やかに暮らしたい」とは、誰もが願うこと。しかし風邪を引いたり、肩が凝ったり、怪我をしたり、そして老化も避けられません。そんなとき、自分のからだとどうやって付き合えばいいのでしょうか。
そこで今回は、 東京大学医学部付属病院の稲葉俊郎先生をゲストにお招きします。
稲葉先生は、西洋医学の現場で活躍しながらも、東洋医学や代替療法、精神世界まで幅広い知識を持ち、それらを統合した医療を見据えて活動されているお医者さんです。
そもそも病気ってなに? 健康とはどういう状態? という基本的なことから、「からだ」と「こころ」、「あたま」との関係、そして「生」と「死」についてまで、話していただきます。
実際に、みなさんに自分の「からだ」や「こころ」を体感していただくための、簡単なボディーワークも行います。
丁寧にお伝えしたい内容ですので、時間をいつもより30分拡大して開催します。これまで参加してくださっている方はもちろんのこと、初めて参加される方も歓迎です。ぜひ一緒に「からだ」と「こころ」のものさし作りをしませんか。一番身近な自分のことを識る機会になるはずです。奮ってご参加ください。

【詳細】
2014年12月14日(日)
(1)12:30〜15:00 20名
(2)16:30〜19:00 20名 
会場:かぐれ表参道店2階
料金:3000円+税
※要予約

【お申し込み】
下記お申し込みフォームからお申し込みください。
お申し込みフォームはこちら

※キャンセル待ちのお客様がいらっしゃる可能性もありますので、キャンセルの場合は必ず前日までにご連絡ください。当日キャンセルはご遠慮いただきますよう、お願いいたします。

kei_600

【講師プロフィール】
保坂道子
食と暮らしのものさし作り講座主宰。株式会社ナチュラル・ハーモニー(自然食品の宅配や、ショップ、レストランを展開)の商品開発担当として伝統発酵食品の蔵や食品工場に足を運び、食や暮らしに関する知識や、経験を積み重ねてきた。2011年秋に自らも生産者になりたいと、ワイン造りを志して岡山に移住。ワインブドウ栽培の傍ら、各地で講座を開催している。
URL:regolo.exblog.jp

profile_hosaka

kei_600

【ゲストプロフィール】
稲葉俊郎(いなば としろう)
1979年熊本生まれ。東京大学医学部付属病院に循環器内科医として勤務。心臓を内科的に治療するカテーテル治療や心不全が専門。往診による在宅医療も週に一度行い、心臓以外の病気も全て診ている。あらゆる伝統医療、代替医療、ヒーリングも満遍なく勉強している。登山やクライミングが趣味。趣味が高じて東京大学医学部山岳部の監督、涸沢診療所所長(夏季限定の山岳診療所)も兼任し、夏には山岳医療も行っている。からだ、こころ、たましい、自然……に関わるあらゆるジャンルが分野を越えて協力することを願い、未来医療研究会を主催している。

稲葉俊郎

kei_nyoro

1 大豆の発酵食品

詳細はこちら

レポートはこちら

2 見えない主役「菌」から選ぶ日本酒

詳細はこちら

レポートはこちら

3 品質表示に頼らない加工食品の選び方

詳細はこちら

レポートはこちら


back_4

詳細はこちら

レポートはこちら

back_5

詳細はこちら