お知らせ

PUENTE ピュアアルパカを纏う冬

PUENTE ピュアアルパカを纏う冬

PUENTE ピュアアルパカを纏う冬

kei_600

軽くて柔らかいアルパカ素材と、南米のペルー/ボリビアに暮らすつくり手たちの手仕事<手編み&手織り>の風合いを活かしたシンプルなデザインが魅力のプエンテ。
代表・落合裕梨さんの冷えとり探求が深まるにつれて、年々機能性を高めている「からだをあたためる道具」が揃います。
深まる秋、探していたアイテムを見つけにいらしてください。

【詳細】
会期:2014年11月6日(木)~11月16日(日) ※12日(水)定休日
会場:かぐれ大阪 accessmap

sub

【期間中イベント】
●映像上映&お話会
11月7日(金)8日(土)15:00~16:30(要予約)
現代美術家・増山士郎氏がPUENTEの手紡ぎ&手織りのつくり手・クリストバル氏の家を訪ねて制作した映像作品を観ながら、落合さんがお話をします。
上映作品『毛を刈ったアルパカのために、そのアルパカの毛でマフラーを織る』
作・増山士郎 / 話し手・落合裕梨

【お申し込み方法】
下記お申し込みフォームからお申し込みください。
お申し込みフォームはこちら

※なお、キャンセル待ちのお客様がいらっしゃる可能性もありますので、キャンセルの場合は必ず前日までにご連絡ください。
当日キャンセルはご遠慮いただきますよう、お願いいたします。

●料理家・まるこさんの「冷えとり食堂」
11月15日(土)16日(日)(予約不要)
ランチ 11:30~15:00ラストオーダー
カフェ 11:30~18:30ラストオーダー

●ショールやカーディガンの留め具としておすすめのmuimaurのニットピンの販売

●岡山より無農薬・無化学肥料の「わノ暮らし探究団」(落合さんもメンバー)のお米、黒豆みその販売

kei_600

【プロフィール】
PUENTE 落合裕梨
「自然素材」「手仕事」「つくり手とのつながり」を大切に、ボリビアとペルーの人々と「体をあたためる道具」のような衣類を作っています。
2004年~ボリビア・ペルーに年2回長期滞在をし、つくり手と仕事をしてきました。
2012年からは、拠点を岡山に移し、ボリビア・ペルーの長期滞在を抑え、PUENTEの仕事のペースを緩やかにし、食糧の自給率を高める暮らしを目指しています。

URL:www.puente1uno.com

2014年10月20日 企画展
タグ :: ,