お知らせ

omoto「再生」


omoto「再生」

omoto「再生」

kei_600

omotoをふたりではじめて6年になりました。
お使いいただいている布と鉄は、みなさまのところでどんな風に育っていますか。
繕い、研ぎ直しいたしますので、ぜひお持ちください。

【概要】
日時:2014年11月21日(金)〜11月30日(日)
場所:かぐれ表参道 accessmap

展示内容:
布:柿渋や藍染めの衣類や小物
鉄:手打ち包丁(菜切、果切り、出刃包丁)など

そのほかに、omotoのご近所(福島県いわき市)で先輩職人の西山昭一さんの竹籠、空想菓子店・ひらけごま(善林庵)、東京・ヒトトのお菓子の販売。
また、刃物の魅力を語り尽くす刃物ナイトや、智子さんと康人さんそれぞれによるワークショップ、三木千夏さんのアコースティックライブなど、一年を締めくくる盛りだくさんな内容です。

sub

【プロフィール】
鈴木 智子(すずき・ともこ):布

福島県いわき市生まれ。
地元の専門学校を卒業後、縫製会社勤務を経て、2003年に上京。大手アパレルメーカーでパタンナーとして活動しながら服を中心としたオリジナルなものづくりを始める。その後独立し、2009年「 omoto 」を立ち上げる。現在は自宅兼工房のある世田谷といわきを行き来しながら制作活動を行っている。

profile_tomoko

鈴木 康人(すずき・やすと):鉄

福島県いわき市出身。
メンズファッション専門学校を卒業後、故石津謙介氏に師事。40代にいわきに戻り刃物研ぎ師としての道を歩み始める。地元の野鍛冶長谷川昭三氏に師事、鍛冶の技術を身に付けながら同時に県内外の物づくりイベントに参加。

URL:omoto 生活の中の布と鉄:www.nunototetsu.com
ブログ:chisouan.exblog.jp

作家紹介はこちら

profile_yasuto

kei_600

大橋 弘(おおはし・ひろし)

写真家。日本各地に残る手仕事や伝統食をテーマにして写真を撮り続ける。写真集に、『1972青春軍艦島』(新宿書房)や『MOSS COSMOS苔の宇宙』(ダイヤモンド社)などがある。

URL:www.hiroshiohashi.com

kei_600

関連イベント

刃物ナイト

トークイベント

2014年11月23日(日・祝)
かぐれ表参道2F
18:00~20:00 参加費:¥3,000+税(つむぎやの酒のあてつき)(要予約)

康人さんの 包丁研ぎワークショップ

ワークショップ

2014年11月26日(水)、29日(土)
かぐれ表参道2F
14:00~16:00 参加費:¥3,000+税(材料費込)(要予約)


智子さんの ちくちく布繕いワークショップ

ワークショップ

2014年11月27日(木)
かぐれ表参道2F
13:00〜15:00 参加費:¥2,000+税(材料費込、お茶とお菓子付き)(要予約)

康人さんの 出張研ぎ屋

出張研ぎ屋

※期間中最終日を除く毎日開催。受付は17時まで。

三木千夏ライブ ただいまのうた

ライブイベント

2014年11月30日(日)
かぐれ表参道2F
16:30開場/17:00開演 チケット:前売り ¥1,000+税/当日 ¥1,200+税(共に飲み物1杯付き)

kei_600

関連コンテンツ
暮らしのなかの布と鉄

omoto展「暮らしのわ」(2013年)企画コンテンツ。
omotoの布と鉄の定番作品を紹介。

今日もいい景色

omoto展「働きものの布と鉄」(2010年)企画コンテンツ。

変わる景色・変わらない思い

omoto展「手から手へ」(2011年)企画コンテンツ。

すべてつながる日々へ

omoto展「つづく、日々へ」(2012年)企画コンテンツ。

つづく景色たちへ

omoto展「つづく、日々へ」(2012年)企画コンテンツ。

柿渋ツアーレポート

omoto展「働きものの布と鉄」(2010年)企画コンテンツ。

はじめての鍛冶体験

omoto展「手から手へ」(2011年)企画コンテンツ。