お知らせ

Pint!展 麻と木と暮らす


Pint!展 麻と木と暮らす

Pint!展 麻と木と暮らす

lead

kei_600

【詳細】
会期:2014年8月2日(土)~8月10日(日)
会場 :かぐれ表参道店
Pint!代表 中地大介さん在店日:
8月2日(土)、8月3日(日)、8月9日(土)、8月10日(日)

sub
平皿のオーダーイベント

長野県南木曽より木地師の小椋さんを招いての特別企画。ご要望に合わせ、その場でオリジナルの平皿を成形していただきます。

event_img

※参考イメージ(Pint!さんの商品)。下面は写真と同様の仕様になります。

会場:かぐれ表参道店
価格:4,500円(税込4,860円)
日程:8月9(土)、10日(日) 16:00/16:30/17:00/17:30 各回1名ずつ
所要時間:45〜60分 (製図15分+オーダー制作30〜45分)
サイズ:8寸(約24cm)×3cm
素材:栓(せん) オリーブオイル仕上げ

お申し込み方法:下記お申し込みフォームからお申し込みください。
お申し込みフォームはこちら

kei_600

【プロフィール】
Pint!
「日本の風土に合っている、伝統ある素材と技術を、今の暮らしのシーンに本当にフィットさせたもの」を作る、プロダクトブランドです。デザインだけでなく、毎日の道具として素材を活かせるものづくりをします。プロフェッショナルな作り手である職人と、今の暮らしのプロとも言える一人一人の使い手。作り手と使い手と一緒にものを生み出す、そんな新しいものづくりの形を目指しています。

URL:http://pint.mn/

profile_@int

kei_600

かぐこラボ vol.2 拭き漆のうつわ

project_img
link_project
2014年07月29日 お知らせ
タグ :: , ,

かぐこラボ vol.2 拭き漆のうつわ


かぐこラボ

手のひらサイズのうつわを作ります

kei_600

かぐこラボ vol.2 拭き漆のうつわ

第一弾の「冷えとり靴下」から一年を迎えたかぐこラボ。
第二弾は「拭き漆のうつわ」。初心者でも扱いやすい、お椀にも小鉢にも使える手のひらサイズのうつわを作ります。

みなさんは普段、木のうつわを使っていますか?
古くから日本人に親しまれ、軽くて使いやすい、人にも自然にも優しい木のうつわですが、今の私たちの食卓には洋食器やプラスチック製品が並ぶことが多く、木のうつわは私たちの暮らしからどんどん遠い存在になっている気がします。

そこで今回は、素材・かたち・塗りのプロセスに沿って、「拭き漆のうつわ」ができるまでの流れを一緒に体験し、一部企画していきたいと思います。また日本の技術や素材にこだわるPint!さんと共にプロジェクトを進めていきます。

暮らしや食、人と人とをつなぐうつわ。
当たり前のようで知らなかった、木のうつわができるまでのプロセスをさかのぼりながら、今、そしてこれからの私たちの暮らしに必要なうつわを、一緒に考えてみませんか。

kei_600
sub

【参加者募集】
「拭き漆のうつわ」ができるまでを、
一緒に体験・一部企画してくれるメンバーを募集します。

スケジュール:
1回目:7月12日(土)11:00~12:30/ オリエンテーション:「素材」について
2回目:7月26日(土)11:00~12:30/「かたち」について①
3回目:8月10日(日)13:00~14:30/「かたち」について②
    長野より木地師さんを招いてサンプル検討
4回目:9月のいずれか/「塗り」について
5回目:10-11月のいずれか/完成&食事会
※④・⑤は参加者と相談の上で日程を決定します。
※完成を祝って、持ち寄りパーティーを開きます。(かんたんなものを一品お持ちください。手作りでも買ったものでも構いません)

場所:かぐれ表参道店
定員:8名
制作物:手のひらサイズの拭き漆のうつわ

参加費:8,500円
※上記は、計5回の連続ワークショップで、完成した商品代を含みます。
(交通費はご負担ください)
※1.2.3回目のすべてにご参加が難しい方は、7000円とさせていただきます。

お申し込み方法:下記お申し込みフォームからお申し込みください。
お申し込みフォームはこちら

応募〆切:7月9日(水)
※ご応募多数の場合は定員を選考させていただきます。

kei_600

【プロフィール】
Pint!
「日本の風土に合っている、伝統ある素材と技術を、今の暮らしのシーンに本当にフィットさせたもの」を作る、プロダクトブランドです。デザインだけでなく、毎日の道具として素材を活かせるものづくりをします。プロフェッショナルな作り手である職人と、今の暮らしのプロとも言える一人一人の使い手。作り手と使い手と一緒にものを生み出す、そんな新しいものづくりの形を目指しています。

URL:http://pint.mn/

profile_@int